イヴサンローランについて

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イヴサンローランはアルジェリアで生まれ、17歳で意匠したカクテルドレスで最優秀賞に選ばれたのがきっかけで、デザイナーとしての才能を認められ、1962年に「イヴサンローラン」ブランドを立ち上げました。

イヴサンローランは、色の魔術師とも呼ばれ、デビューその頃からアート性が強く、色とりどりな色のまとめ合わせが特色的な意匠が得意で、その卓越した技術と多大なる影響感で多くのデザイナーに影響を与えました。

そのようなイヴサンローランは敬意を込めて「モードの帝王」と呼ばれました。

オートクチュール優先だった時代にイヴサンローランは、プレタポルテのご時世到来の予感を一早くつかみ、1966年に、プレタポルテのブティック「サンローラン・リヴ・ゴーシュ」を開いたのです。

70年代に入り、贅沢でファンタジックで新鮮なテーマのコレクションを次々に公表し、世界中の女を魅了しました。

「私はいつも、ドヌーヴをイメージして意匠している」と言わしめるほど、ドヌーヴをイヴサンローランブランドのマスコット的影響として起用し、舞台衣装やプライベートなトレンドの意匠を手がけた事で知られています。